開発が進み注目度高まるペット建材。空室対策の一手として知っておきたい設備やリフォーム案をご紹介

監修岩野 愛弓

  • 公開日:
  • 2020年06月04日
  • 更新日:
  • 2021年04月01日
開発が進み注目度高まるペット建材。空室対策の一手として知っておきたい設備やリフォーム案をご紹介
空室対策の一環として検討したいペット可物件への変更。とはいえ、ペット可物件にするためにはリフォームも必要で、どんな建材を使い、どれくらい費用がかかるのかわからず、進められずにいる大家さんもいらっしゃるかもしれません。この記事では、ペット建材の種類や費用の目安、おすすめの設備などについてご紹介していきます。

ますますニーズが高まるペット共生型の賃貸住宅
空室対策として検討するなら費用を調べてみましょう!

リフォームを検討中の大家さんにおすすめ!
リフォームの一括無料見積もりサイト「リショップナビ」なら簡単に相見積もりの依頼が可能です。

<リショップナビの特徴>
★リフォーム専門スタッフとの電話相談で、要望をしっかり聞いてもらえる
★厳選された全国1400社の優良リフォーム会社のなかから最大5社の紹介
★実際に工事を依頼した施主のクチコミ評価や事例をみることができる
★もしもの時に安心なリフォーム保証制度に加入できる

住宅のリフォームは条件や内容で費用が変動し、提案や見積もりもリフォーム会社によってさまざま。どのような会社に依頼すればよいか、価格は適正かを判断するために、複数社からの見積もりを取って比較検討することは有効です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

目次

賃貸経営の空室対策のトレンド

賃貸住宅の入居者が求めるニーズは、時代とともに変化していきます。空室対策も時代のニーズに合わせて対応していくことで、安定した賃貸経営につながっていくのです。近年の空室対策のトレンドとなるのは、「ITをつかったスマートハウス化」「家賃のキャッシュレス決済の導入」「ペット共生型賃貸住宅の提供」などが挙げられます。また、犯罪の多様化に伴い、防犯対策も加わってくるでしょう。

空室対策を行うために必要なこと

安定した賃貸経営のために、空室対策は重要なポイントです。やみくもに空室対策をするのではなく、ターゲット層や着地点をしっかりと決めて、必要な対策をすることが大切です。ペット可物件へ変更すると想定したなら、周辺のライバル物件との違いや地域の特徴を調べて、どのように対策をすればよいか、どれくらい費用をかければよいかシミュレーションして、事前にしっかりと計画することが重要になります。

ペット可物件のニーズを知ろう

ペット可物件とは、主に犬や猫などのペットを室内で飼育できる賃貸物件のことです。室内でも比較的に飼いやすい小型のペットは、一人暮らしの方や、高齢者などに好まれる傾向があり、近年のペットブームにも押されて人気が高まっています。しかし、賃貸としてペット可物件になっているのは、全体の3%、都心部でも15%ともいわれており、現状はニーズよりも物件が少ない状況といえます。

ペット可物件が少ない理由として、物件をペット飼育に適した仕様に変える必要があることや、退去後の部屋の原状回復他の入居者や近隣とのトラブルへの不安などが挙げられます。しかし、ペット可物件として差別化を図ることは、空室対策としては有効な取り組みであるともいえます。

ペット可物件にするために必要なこと

ペット可物件では、退去後の原状回復のことも視野に入れて、リフォームを検討することが理想的です。傷、においなどの対策にくわえて、ジャンプ台などペットが部屋の中で楽しく過ごせる仕掛けを作ることも1つの方法です。

細かな工夫やアイデア

どのようなペットを飼うのかは、入居者によって違います。そのため、受け入れるペットの種類を最初に示しておくことが大切です。ペットの種類を限定しない場合は、どのようなペットであってもある程度は対応できるように工夫することが必要です。ペットがくぐれる専用穴が開いたドアを採用するなどペット飼育者が興味を持つアイディアを盛り込むことで、入居率アップも期待できるはずです。

家賃アップで費用を回収

ペット可物件にすることは、物件の付加価値を高めることにつながります。仕様変更のためのリフォーム費用は、家賃をアップさせて回収することを検討しましょう。入居前の内装リフォームや設備費のほか、退去後のことも考慮しておくことが大切です。

気になることをまとめておく

ペット可物件にすることで心配な点は、傷やにおい、周辺環境やかかるコストなどについて、あらかじめよく調べてまとめておくようにしましょう。また、リフォームで対応しなければならないことなのか事前に解決できることなのかなど、問題を分類しておくことをおすすめします。

開発が進んでいる「ペット建材」って?

住宅に使われる建材には、ペット飼育に適したものが作られています。傷に強いフローリングや、消臭効果のある壁紙などが代表的です。また、部屋のドアを閉めたままでも出入りができるように、ペット用の出入り口付きの建具などもあります。

ペット建材や設備の種類をご紹介

ここからは、実際にどのようなペット建材や設備が適しているのかを、ご紹介していきましょう。

ペットの飼育をしていると、フローリングへの傷は避けることが難しいです。しかし、傷を防ぐために極端に硬いフローリングに変更するのは注意が必要です。硬すぎる床は、ペットの足腰に負担がかかり、体調に影響する可能性があります。また、フローリングにペットのおしっこや唾液などが付くことも考えられるため、お手入れのしやすさもポイントになります。

リフォーム案/おすすめ設備

ペット飼育のためのリフォームなら、擦り傷に強く、撥水加工でお手入れがしやすく、ペットが走り回っても滑りにくい仕様のフロアコーティングがおすすめです。効果が20~30年と持続するため、長期間で考えると負担は少なくなるでしょう。個室も含めて貼り替えをするか、リビングなどメインの部屋のみを貼り替えるかは、費用や顧客層を考慮して検討しましょう。フロアコーティングは、15畳程度で10万円前後が目安です。

壁のクロス

ペットが暮らす室内は、ペット特有のにおいがつきやすいです。室内ですとふん尿のにおいも気になりますので、退去後のことも考え、あらかじめ消臭効果のある壁紙にしておくことをおすすめします。傷にも強く、におい残りも防いでくれる効果があれば、ペットを飼わない入居者にも検討するポイントにつなげることができます。

リフォーム案/おすすめ設備

壁は消臭効果のあるものや、汚れにくく耐久性のあるものがおすすめです。退去後にペットを飼わない入居者が入ることも考慮すると、においを抑えてくれることは、必ず対策しておきたいポイントです。また、クロス壁なら、貼り替えも容易で管理もしやすくなります。壁クロスの貼り替えリフォームの費用は、8畳分で約4万円が目安です。

ドア、扉周り

ペットは自分で扉の開閉をすることが難しいため、自由な動きが制限されてしまいます。ペットが家の中を自由に動き回れるためにも、ペット用の通用口がある室内ドアがあると便利です。自由に出入りすることができれば、リビングの外にペット専用のトイレを置くこともできるので、来客時ににおいを防ぐことができます。

リフォーム案/おすすめ設備

ペットが出入りできるドアは、ドア本体の下の方に切り取られた穴があり、樹脂製のフタがあってペットがフタを押すことでドアを通り抜けることができる仕組みになっています。フタがあることで冷暖房も確保されますし、出入りをさせたくない時は手動でロックをすることも可能です。ドアのカラーバリエーションも豊富なので、室内色に合わせることができます。ドアに後付けする方法と、ドアをまるごと交換してペットドアを設置する方法がありますが、後付けのリフォーム費用は相場で1万~2万円、ペットドアへ交換する場合は10万円ほどを見込んでいるとよいでしょう。

見守りサービス

入居者の中には、外出中の間、ペットが留守番をすることが多いという方もいらっしゃるかもしれません。留守の間、ペットがどのように過ごすのか心配になる飼い主もいらっしゃるでしょう。今ではペットの様子を室内のカメラで撮影し、スマートフォンで確認することもできるようになり、比較的安値で設置できるため、ニーズも高まっています。

リフォーム案/おすすめ設備

室内にカメラを設置し、首振り機能で広範囲の撮影ができるものや、確認しているスマートフォンからペットに呼びかけができるものなど、いろいろな機能のペット用カメラがあります。仕様によって価格に差がありますが、1~2万円ほどがだいたいの目安です。

その他

外出中の時など、ペットが歩き回っていたずらをしたり、危険な行動をしたりしないよう、一定範囲だけで行動できるための、ペット用のパーテーションがあります。来客時など一時的に行動エリアを制限したいときにも便利です。

また、高い位置に棚を付けるなどジャンプして遊べるキャットウォークなどもあります。このようなプラスαな設備は入居を検討している飼い主からは好印象が期待できます。

ペット可物件にした時の注意点

ペット可物件に変更した時の注意点には、「契約内容」「近隣への配慮」「退去時」などがあります。契約書類には、飼育できるペットの種類や大きさを明確にしておくことも大切です。また、所定の予防接種を行うことなど飼育条件も確認することがポイントです。

ペットの鳴き声などで、近隣とのトラブルの可能性がないかを想定し、事前に確認しておきましょう。また、退去時はペット飼育ではない物件と比べて原状回復の費用が割高になりやすいことも想定しておくことも重要です。

また、もともとペット不可の物件であった場合、動物アレルギーをもっている入居者がいるかもしれないので、事前に既存入居者に賃貸条件の変更に同意を得る必要があります。契約を解除されるなどのトラブルを未然に防ぐためにも、既存入居者への配慮は怠らないようにしましょう。

ペットの種類によって異なることも?

飼育するペットの種類によって、リフォームのニーズも変わります。フローリングに関しては、猫よりも体重のある犬の方が影響は大きかったり、壁クロスは犬よりも猫が爪をたてやすい傾向があったり、多少の違いがあります。ペット可物件に変更する際は、ペットの種類を限定するのかどうかでも方向性がかわりますので、はじめにある程度想定をして動いていくようにしましょう。

まとめ

空室対策の1つとして、ペット可物件にすることは差別化を図るうえで効果的ともいえます。マンションやアパートでは、ペットを飼わない入居者の理解が必要となりますが、ペット可物件の経験者のアドバイスなども参考にしながら、飼い主とペットが快適に暮らせる環境づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

ますますニーズが高まるペット共生型の賃貸住宅
空室対策として検討するなら費用を調べてみましょう!

リフォームを検討中の大家さんにおすすめ!
リフォームの一括無料見積もりサイト「リショップナビ」なら簡単に相見積もりの依頼が可能です。

<リショップナビの特徴>
★リフォーム専門スタッフとの電話相談で、要望をしっかり聞いてもらえる
★厳選された全国1400社の優良リフォーム会社のなかから最大5社の紹介
★実際に工事を依頼した施主のクチコミ評価や事例をみることができる
★もしもの時に安心なリフォーム保証制度に加入できる

住宅のリフォームは条件や内容で費用が変動し、提案や見積もりもリフォーム会社によってさまざま。どのような会社に依頼すればよいか、価格は適正かを判断するために、複数社からの見積もりを取って比較検討することは有効です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

岩野 愛弓

監修岩野 愛弓

【資格】宅地建物取引士

注文住宅会社に15年以上従事し、不動産売買業務の他、新築・リフォームの内外装
、家具・建具造作の現場監修を行う。オリジナルデザインの住宅を数多く経験。不動産・住宅専門の執筆活動も行っている。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。