物件にあった空室対策を見つけよう!注目高まるホームステージングを検討してみませんか?

監修吉田 成志

  • 公開日:
  • 2020年06月24日
  • 更新日:
  • 2020年06月24日
物件にあった空室対策を見つけよう!注目高まるホームステージングを検討してみませんか?
空室を素早く埋め、収益を改善させる方法のひとつとして「ホームステージング」という手法が注目を集めています。家賃を下げることなく満室状態を保つことこそ、賃貸経営を行う大家さんの理想ですよね。この記事では、空室対策のアイデアを探している大家さんに向けて、物件がもつ魅力を高め、入居希望者の住みたいという意欲を促進するホームステージングについてご紹介していきます。入居率アップや収益改善のヒントにお役立てください。

注目度が高まっているホームステージング
空室対策をしてみませんか?

賃貸経営のお悩みはプロに相談!
プラン提案を受けてみませんか?

無料
  • STEP1都道府県を選択

  • STEP2市区町村を選択

  • STEP3物件種別を選択

無料で相談してみる

70社以上の有力管理会社が大家さんのお悩み解決をサポート

  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ

※ページ下部の「賃貸経営一括相談サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

ホームステージングの内容はご存じですか?

ホームステージングは、空室に家具などのインテリアを配置することで新生活をイメージしやすくする販促の手法です。ホームステージングはアメリカで1970年代ごろに提唱され、元々は中古住宅の販売に利用されていましたが、近年では日本でも売買・賃貸の両方で浸透しつつあります。

近年の不動産業界とホームステージングの関係

国内では、中古マンションの流通が盛んになってきており、できるだけ早く、それも高値で売りたいという売主の気持ちから、ホームステージングが導入され始めました。ホームステージングを行うことで競合する他物件との差別化ができ、内見者の入居意欲を促進できます。賃貸においても同様で、入居率を高めるために非常に高い効果が期待できます。

ホームステージングってどんな時に実施するもの?

ホームステージングは、実際どんな時に利用されるものなのでしょう。

賃貸経営の場合

賃貸経営では、空室対策として、ホームステージングを導入することがあります。入居希望者の内見時などにイメージアップを図り、家賃を下げずに早期に入居してもらうことを狙います。

不動産売却の場合

不動産の売買では賃貸よりも大きい金額が動くため、入居者も慎重に購入物件を選択します。そのため、売却時に用いられるホームステージングは、資産価値を落とすことなく、できるだけ早く売買を成立させられるよう暮らしを演出させる一種の投資のようなものとして利用されます。

ホームステージングを導入する理由

賃貸経営でホームステージングを導入する最大の理由は、空室対策です。入居希望者が部屋を見た際の印象は、ホームステージングを取り入れる前後で、まったく違ったものになります。殺風景で何もない状態の部屋よりも、ハイセンスなインテリアで、家具や小物が効果的に配置されていたほうが新生活をイメージしやすく、その物件に住みたいという気持ちに直結しやすくなる可能性が高いです。これは募集時にポータルサイトなどに載せる写真の段階でも明らかですのでチェックしてみましょう。

そして、いつまでも空室状態が続くと、借り手がつかない不人気な物件だというイメージが付きかねませんし、家賃を下げるなど対策をとる必要が出てきます。そのような事態を避け、早期に空室を解消するためにも有効な方法と言えます。また、内装を変更するような大がかりなリフォームは不要で、家具や小物を設置することで済ませられますので、募集に必要な支出も比較的抑えることができます。

ホームステージングはどんな人たちに向けて有効なのか

空室の解消に非常に有効な手段のホームステージングですが、特にどんな人たちにとって効果を見込むことができるのでしょうか。ホームステージングは、かなり幅広い入居希望者に高い効果を期待することができます。その効果を最大限にするためには、大家さんが入居してもらいたいターゲット層を定め、そのターゲットに向けたホームステージングを適切に行うことが重要です。想定する入居者層にあわせてインテリアや小物を工夫し、部屋全体を暖かみのある空間に演出したり、シンプルモダンや、シックで落ち着きのあるインテリアを配置したり、幅広い層へ対応することができます。

ホームステージングが有効な物件や間取りってあるの?

ここでは、有効にホームステージングを活用できるような物件や、間取りのバリエーションについてご紹介していきます。

単身向け

1Rや1Kなど、単身者向けの物件でホームステージングを行う場合、間取りがシンプルなので、ターゲットを絞ってコンセプトを作りやすいと言えます。想定する入居者が男性か女性かで方向性は変わりますが、何もない殺風景な他物件と対比させるため、おしゃれでインパクトのあるインテリアを設置することをおすすめします。

また、空間をスタイリッシュに演出できるシーリングライトなどの照明や、観葉植物などを設置することも有効です。部屋の印象を大きく左右するアイテムがあると、入居希望者の印象にも強く残り、ほかの物件に大きく差をつけられるでしょう。

ファミリー向け

ファミリー向け物件の場合は、家族で使えるようなダイニングテーブルの設置など、キッチン周りに力を入れることをおすすめします。また、大きめのソファーや、寝室に大きなベッドを設置するのも、入居希望者が生活をイメージしやすくなるのでとても有効です。くわえてペット可の物件であれば、キャットタワーなどを設置してみるとポイントアップにつながるでしょう。

ホームステージングを導入する方法

手早く空室を解消したい場合は、できるだけ早くホームステージングを導入しましょう。ここではその導入方法を見ていきます。

購入する方法

自分で自由に家具などを購入し、ホームステージングを行います。あまり大きな家具を購入・運搬することは大変なので、手軽かつアクセントになるようなアイテムに絞ることもおすすめです。

レンタルする方法

繁忙期に複数の空室を埋めたい場合には、家具などをレンタルするという方法もあります。ホームセンターなどで家具がレンタルできるほか、近年ではホームステージング専門の業者も増えてきているので、ホームステージャーのサポートを受けることが可能な場合もあります。

ホームステージャーって?

ホームステージャーとは、日本ホームステージング協会が認定する資格者です。物件の状況を客観的に把握し、幅広く総合的な見地からお部屋のコーディネートをサポートしてくれます。空室対策に限らず、良好な住環境を作るための専門家としても注目度が高まっています。

ホームステージングの費用対効果

もしも空室が数か月間継続するとすれば、その間は無収入の部屋となりますし、空室解消のために家賃を下げることになると、さらに大きな損失をこうむってしまいます。

たとえば、業者を介してホームステージングを行う場合、インテリアなどのレンタルを含めると1か月に10~15万円前後の費用がかかりますが、また、レンタルを行わずに数万円でコンサルティングだけを受けるプランが展開されている業者もあります。どちらにせよ家賃の1~2か月分の費用は必要になりますが、家賃を下げることなくすぐに入居してもらえるならば、ホームステージングはとても効果的で、費用対効果の高い投資だと言えるでしょう。

VRを利用したバーチャルステージングも注目!

360°カメラやVRを利用して、CG加工したお部屋をインターネット上で内見できる「バーチャルステージング」という画期的な方法も注目を集めています。実際にお部屋に家具を設置するホームステージングよりも手軽でありながら、入居希望者も気軽に内覧できるため、その集客力や費用対効果の高さなどが話題となっています。

これからの空室対策を考えよう

ホームステージングで部屋を演出することも非常に大切ですが、近年は無料で利用できるWi-Fiや、宅配ボックスなどの設備面を重視する入居者も増えています。このほか、築古物件では思い切って外壁リノベーションを行うなど、時代のニーズに沿った、多角的な視点から空室対策を考えることが結果につながっていくでしょう。

まとめ

ホームステージングは、近年注目が高まっている空室対策の方法です。早期入居を狙い、入居者の好みを想定し、入居意欲を高めるインテリアの購入やレンタルを考えてみましょう。ターゲットの想定や工夫次第で空室対策に大きな効果を期待できます。また、最近ではホームステージングでの専門業者も登場しているため、専門家に相談してみることも有効です。

注目度が高まっているホームステージング
空室対策をしてみませんか?

賃貸経営のお悩みはプロに相談!
プラン提案を受けてみませんか?

無料
  • STEP1都道府県を選択

  • STEP2市区町村を選択

  • STEP3物件種別を選択

無料で相談してみる

70社以上の有力管理会社が大家さんのお悩み解決をサポート

  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ

※ページ下部の「賃貸経営一括相談サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

吉田 成志

監修吉田 成志

【資格】宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー/マンション管理士/消防設備士

専任の宅建士として不動産仲介会社に従事した後、マンション管理士・消防設備士として独立。宅建士をはじめとした幅広い知識や経験を生かし、不動産売買や賃貸時に気になる疑問点の相談なども担当している。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。

賃貸経営一括相談サービスの注意点

賃貸経営一括相談サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(賃貸経営一括相談サービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含むお客様のデータは、全て株式会社NTTデータ スマートソーシングが取得し、同社から同社業務提携先である管理会社に提供されます。

個人情報の取り扱いについて

  • 賃貸経営一括相談の可能な企業数は、物件の種別や所在地によっては異なります。
  • お客様の物件によっては、一括相談ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 賃貸経営一括相談サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • プラン提供について、株式会社NTTデータ スマートソーシングの提携先各管理会社から直接連絡をいたします。
  • 相談後の管理会社選定について、株式会社カカクコムおよび株式会社NTTデータ スマートソーシングは関与いたしません。
  • 賃貸経営一括相談サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください
  • 賃貸経営一括相談サービスについてご不明な点がございましたら「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。