信頼できるリフォーム会社の選び方。業者の種類やチェックポイントを紹介します

監修キムラ ミキ

  • 公開日:
  • 2021年07月30日
  • 更新日:
  • 2021年07月30日
信頼できるリフォーム会社の選び方。業者の種類やチェックポイントを紹介します
賃貸経営をしている大家さんの中には、所有する賃貸物件のリフォームを検討している方もいるでしょう。しかし、単なるリフォームだからと考えて安易にリフォーム会社を選ぶのはイエローカード! リフォームは会社選びが肝要です。この記事では、リフォームを成功させるためにリフォーム会社の選び方を知りたいと考える大家さんに向けて、リフォーム会社選ぶときのポイントや見積書の見方などについてご説明します。

リフォームの成功はリフォーム会社選びにかかっています。
選び方のポイントや見積書の見方をマスターしましょう!

リフォームを検討中の大家さんにおすすめ!
リフォームの一括無料見積もりサイト「リショップナビ」なら簡単に相見積もりの依頼が可能です。

<リショップナビの特徴>
★リフォーム専門スタッフとの電話相談で、要望をしっかり聞いてもらえる
★厳選された全国1400社の優良リフォーム会社のなかから最大5社の紹介
★実際に工事を依頼した施主のクチコミ評価や事例をみることができる
★もしもの時に安心なリフォーム保証制度に加入できる

住宅のリフォームは条件や内容で費用が変動し、提案や見積もりもリフォーム会社によってさまざま。どのような会社に依頼すればよいか、価格は適正かを判断するために、複数社からの見積もりを取って比較検討することは有効です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

目次

リフォームは新築よりも難易度が高い

リフォームは建物の一部について行うものから、リノベーションといわれる大規模なものまでさまざまなケースがありますが、新築よりも難易度が高いと言われていることをご存じですか?

リフォームの難易度が新築よりも高いのは、既存の建物の状態やプランを把握したうえで、必要な補修や補強を施す必要があるからです。また、実際にリフォームのための解体などに取り掛かってみると、図面や書類上では分からなかった課題が生まれることもあります。しかし、十分な技術や経験のないリフォーム会社も存在するため、リフォームをしたものの思ったような仕上がりにならなかったなど、トラブルも多いのが実情です。

そのため、技術や経験、知識が豊富で信頼できるリフォーム会社を選ぶことが、リフォームを成功させるカギと言えます。

リフォーム会社には種類がある

リフォーム会社とひとくちに言っても、住宅メーカー・建設会社・建築士事務所・リフォーム専門会社・ホームセンター・工務店などさまざまな会社があります。

住宅メーカーおよび建設会社

住宅メーカーや建設会社がリフォームも行っているケースがあります。とくに賃貸住宅を建てた住宅メーカーや建設会社であれば、工法に精通している強みを持つでしょう。また、アフターサービスや保証が整っている安心感もあります。ただ、設計や工事を他社に外注しているケースも多く、細かいこだわりには対応してもらえない可能性も生じます。

建築士事務所

建築士の発想力を活かし、ニーズを踏まえてオリジナリティのあるプランを提案してもらえます。ただし、あくまでも建築士が行うのは設計段階までで、施工については提携業者などに外注となります。設計料はラフプランから有料の場合が多く、設計コストは高めとなるでしょう。

リフォーム専門会社

リフォーム専門会社は規模にもよりますが、社内に設計部や工事部を持つ会社もあります。その場合、設計から施工まで同じ会社に任せられる安心感があり、細かいこだわりにも対応してもらえる可能性が高いでしょう。ただし、「リフォーム専門」を掲げる小規模な会社の中には悪質なところも存在するため、実績などを十分に確認する必要があります

ホームセンター

ホームセンターは小売業が本業であるため、トイレやお風呂などの設備機器の販売に付随したリフォームを、提携している施工会社に外注して行うのが一般的です。リフォーム費用は比較的安価であるものの、実際に工事を行う施工会社や実績などを確認しづらいのが難点です。

工務店

一般的にはベテランの職人さんが多く、施工技術は信頼できるイメージがありますが、工務店によって技術に差があるのが実情です。また、設計を苦手とする工務店もあります。そのため、希望するリフォームの施工実績が多いかどうか、また設計についての希望をどこまで取り入れてもらえるのかなど、入念に確認しておく必要があるでしょう。

信頼できるリフォーム会社の条件とは

さまざまなリフォーム会社がある中で、どのようなポイントに注目して選べばよいのでしょうか。ポイントごとに見ていきましょう。

見積もりをチェックしよう

見積もりは他の会社と比較して安すぎないか
見積書がわかりやすく作られているか
見積もりの説明はわかりやすいか
複数のリフォーム会社に見積依頼を行い、著しく低い価格の見積もりを提示してきた会社は外しましょう。コストカットの結果、施工や管理が雑に行われる可能性があります。また、見積書がわかりやすく、丁寧に説明してくれるリフォーム会社を選びましょう。

保証をチェックしよう

どれくらいの期間、どのような時に保証が受けられるのか
保証がある場合、どれくらいの期間にわたり有効なのか、どのような時に保証が受けられるのかを確認しておきます。また実際に、保証を受ける際に迅速に対応してくれるか否かも重要です。会社は賃貸物件に近いか、連絡がすぐに取れるかどうかも確認しておきましょう。

対応をチェックしよう

豊富な実績があるか
わからないことやできないことに対して回答が得られるか
会社の雰囲気や担当者との相性がよいか
リフォーム会社によって得意分野・不得意分野があります。大家さんが希望するリフォームを得意としているのか否かを確認し、小さなリフォームについても図面を作成して、具体的にどのように施工を行うのかわかりやすく説明してくれるリフォーム会社を選びましょう。

その際、あれもこれもできると安請け合いするリフォーム会社には注意が必要です。できないことや問題点について、明確に示す姿勢があるかを見極めましょう。また施工時に、外注や職人任せではなく、まめに状況確認に足を運んでくれるかどうかも確認しておきたいポイントです。

先にもご説明した通り、リフォームは新築よりも難易度が高いため、経験や技術が求められます。実績の有無については必ず確認しましょう。一概には言えませんが、10年以上継続しているリフォーム会社であれば概ね安心と言えます。また、実際に会社に訪問した際の雰囲気、担当者との相性もリフォーム会社選びの大切なポイントです。

リフォーム会社選びで失敗しないために注意すべきこと

リフォーム会社選びで失敗してしまう理由は、「リフォームだからどこの会社でも変わらない」と考えてしまうところにあります。失敗を避けるために、以下のようなことに注意したいところです。

・安さだけで選ばない
・大手だからよいというわけではない
・悪質業者に注意

安い価格に飛びついたり、大手の会社だから大丈夫と考えたりなど、安易にリフォームを依頼してしまうと、後悔する結果になってしまう可能性があるのです。

リフォームの仕上がりや対応に不満が生じた場合、迅速に対応してもらえるリフォーム会社であればまだよいですが、悪質なリフォーム会社の場合、連絡が取れず泣き寝入りとなってしまうケースもあります。賃貸物件のリフォームとなれば、その費用は小さなものではありません。慎重にリフォーム会社を選ぶ姿勢を忘れないようにしましょう。

信頼できるリフォーム会社と出会うには相見積もりが有効

信頼できるリフォーム会社と出会うためには、必ず複数のリフォーム会社に相見積もりを依頼するようにします。相見積もりを依頼した各リフォーム会社の実績や保有資格、口コミなども併せてチェックしてみるとよいでしょう。

最近では、リフォーム会社に一括して見積もりを依頼できるサイトもあります。一括見積もりを依頼できるだけでなく、リフォーム内容や適したリフォーム会社について相談できるサイトであれば安心です。
リショップナビは、全国1400社の優良リフォーム会社の中から、リフォーム専門スタッフとの電話相談のうえ、最大5社の紹介を受けられるサイトです。実際に工事を依頼した施主の口コミ評価や事例を見ることもできますし、リフォーム保証制度に加入できる点も安心です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

見積書のチェック法を知っておこう

見積書のチェック方法については先に述べた通りですが、見積依頼をするときのポイントも含め、改めてご説明します。

見積依頼をする際は、条件を統一して依頼しましょう。リフォーム会社ごとに異なる条件で見積もりを依頼すると、比較が難しくなってしまいます。

また、安さだけに注目するのではなく、提示されたリフォーム内容の詳細についてしっかりと比較検討するようにしましょう。できるだけ安くリフォームを行うという視点は、賃貸経営の費用対効果を考えるうえでも大切ですが、安さだけに注目すると安物買いの銭失いとなる可能性があります。たとえば、次々と追加工事が発生したり、見積段階ではできると言っていた工事ができないと言われたりすることもあるのです。

見積書の内容からリフォーム会社を絞り込んだら、実際に担当者に賃貸物件を見せ、さらに具体的な見積もりを依頼しましょう。その際、問題点や追加工事発生の可能性を確認してもらい、どこまで工事を行ってもらうのかを明確にしておきます。

また、実際に施工する業者や、工事期間中および工事終了後のリフォーム会社の対応などについても併せて確認し、信頼できる相性のよいリフォーム会社を見極めることが大切です。

まとめ

リフォームの際は、「建物の一部を改修するものだからどこの会社に依頼しても構わない」「安ければ安いほどよい」というわけではありません。新築よりも難易度の高いリフォームだからこそ、信頼できるリフォーム会社に依頼したいものです。

リフォームの目的は、賃貸物件の価値向上を図り、安定した賃貸経営を行うことにあります。費用面だけに注目した結果、賃貸経営に支障が生じるという事態に陥らないように、よきパートナーとなってくれるリフォーム会社を選びたいものですね。

リフォームの成功はリフォーム会社選びにかかっています。
選び方のポイントや見積書の見方をマスターしましょう!

リフォームを検討中の大家さんにおすすめ!
リフォームの一括無料見積もりサイト「リショップナビ」なら簡単に相見積もりの依頼が可能です。

<リショップナビの特徴>
★リフォーム専門スタッフとの電話相談で、要望をしっかり聞いてもらえる
★厳選された全国1400社の優良リフォーム会社のなかから最大5社の紹介
★実際に工事を依頼した施主のクチコミ評価や事例をみることができる
★もしもの時に安心なリフォーム保証制度に加入できる

住宅のリフォームは条件や内容で費用が変動し、提案や見積もりもリフォーム会社によってさまざま。どのような会社に依頼すればよいか、価格は適正かを判断するために、複数社からの見積もりを取って比較検討することは有効です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

キムラ ミキ

監修キムラ ミキ

【資格】AFP/社会福祉士/宅地建物取引士/金融広報アドバイザー

日本社会事業大学 社会福祉学部にて福祉行政を学ぶ。
大学在学中にAFP(ファイナンシャルプランナー)、社会福祉士を取得。
大学卒業後、アメリカンファミリー保険会社での保険営業を経て、(マンションデベロッパー)にてマンション営業、マンション営業企画に携わった。
その後、2008年8月より独立し、現在、自社の代表を務める。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。