賃貸物件に浴室乾燥機は取り付け必須?機能やおすすめ商品をご紹介

監修キムラ ミキ

  • 公開日:
  • 2021年10月18日
  • 更新日:
  • 2021年10月18日
賃貸物件に浴室乾燥機は取り付け必須?機能やおすすめ商品をご紹介
空室リスクを回避したい、そして入居してくれた方に長く住んでほしいと考える大家さんは多いでしょう。その大家さんの想いを具現化する方法には、さまざまなものがありますが、設備の充実もその方法の1つ。この記事では、入居者に人気のある設備の1つ、浴室乾燥機にスポットをあてて、浴室乾燥機の施工方法やその費用のほか、種類および機能、注意点についてご説明した上で、浴室乾燥機の具体例を挙げて性能や特徴をご紹介いたします。

目次

賃貸物件に浴室乾燥機は取り付けるべき?そのメリット

単身者向け物件、ファミリー向け物件、いずれにおいても、浴室乾燥機はさまざまな人気設備調査ランキングにランクインする設備です。浴室乾燥機は、浴室乾燥ができるのみならず、衣類乾燥にも活用できますし、浴室を温めることができるのでヒートショックの予防効果もあります。単身者向け世帯にとっては、帰宅が遅くなるためベランダに干すのを敬遠し部屋干しにする方もおり、生乾きの匂いに悩む声もありますが、浴室乾燥機があればその悩みも解消します。

また、ファミリー世帯においても、洗濯物の量が多く、梅雨時期にはコインランドリーの乾燥機を利用するというケースもあります。浴室乾燥機があれば、家事負担の軽減につながるでしょう。浴室乾燥機は、賃貸物件に必ずしもなくてはならない設備というわけではありませんが、浴室乾燥機があることによって入居者の生活は快適になります。そのため、周辺の類似物件との差別化につながり、選ばれやすい物件になる可能性が高いといえます

浴室乾燥機の取り付け方法と施工費用

浴室乾燥機というと、最初から天井に埋め込まれたイメージを持っている方も多いと思いますが、浴室乾燥機は後付け設置も可能です。天井に取り付ける方法のほか、壁に取り付けることもできます。浴室乾燥機を取り付ける施工費用は、浴室乾燥機の本体価格とあわせて5~20万円程度の施工費用が必要となります。賃貸物件の構造や状況によって施工費用が異なるため、複数の工務店およびリフォーム会社に物件を確認してもらい、見積もり依頼をしましょう

浴室乾燥機を交換するタイミングは?

浴室乾燥機の耐用年数は15年です。入居者の浴室乾燥機を利用する頻度にもよりますが、耐用年数よりも余裕を持った10年程度が交換の目安です。なお、空室対策および長期入居対策として、浴室乾燥機を検討するのであれば、壊れてから交換対応をするよりも、入居者に快適な住空間を提供するために早め早めの交換を心がける方が望ましいといえます

浴室乾燥機を取り付ける際の注意点

浴室乾燥機は、所有されている賃貸物件が集合住宅である場合、天井に換気扇・点検口がある場所に取り付けることになります。もし、所有されている賃貸物件が、換気扇・点検口がない一戸建てなどである場合は、壁に取り付けるタイプの浴室乾燥機を取り付けることになります

天井に取り付けるタイプの場合、浴室の天井および換気扇・点検口の形状や大きさ、壁に取り付けるタイプの場合、壁の換気口の有無などによって、施工の可否や施工費用が異なります。また、換気ダクトや電気配線の位置、分電盤の空き状況によっては追加工事が必要となる場合もあります

浴室乾燥機を天井、壁どちらに取り付ける場合にも、まずは複数の工務店やリフォーム会社に物件を実際に見てもらい、取り付けができるかどうかを確認してもらった上で、どれくらい費用がかかるのか見積もり依頼をとり、費用対効果を見極めましょう

浴室乾燥機の種類と機能

浴室乾燥機には、電気代とガス式の2種類があります。また、先にも少し触れましたが、浴室乾燥以外にもいくつかの機能があります。ここでは、電気式とガス式の特徴と、浴室乾燥機の機能についてご説明します。

浴室乾燥機の種類

浴室乾燥機には、電気式とガス式があります。

【電気式】
オール電化住宅に適したタイプや、ヒートポンプタイプがあります。電気式は一般的にガス式よりも設置費用が抑えられます。電気式の浴室乾燥機は、エアコン感覚で使用できますが、浴室が温まるまでに時間を要するため、ランニングコストはガス式よりも高いといえます

【ガス式(ガス温水式)】
ガス式は短時間で浴室を温めることができるので、ランニングコストは電気式よりも抑えられるでしょう。ただし、プロパンガスの場合は、その限りではありません。なお、浴室を温めるパワーは電気式よりもガス式の方がパワフルです。また、ガス温水によるミストシャワーを利用することもできます

浴室乾燥機の機能

浴室乾燥機は、浴室を乾燥させて結露やカビの発生を抑制するだけではありません。以下のようにさまざまな機能を活用することができます。

【暖房】
浴室を暖める機能は暖房にもなります。この機能によって、とくに冬場、脱衣所や浴室を暖めておくと、温度差によるヒートショックを予防することもできます

【乾燥】
乾燥機能を使い、浴室で衣類を乾燥させることができます。梅雨時期や雨天時、部屋干しによる生乾きの匂いに悩まされる方や、花粉症のため花粉の飛散時期には外干しを敬遠する方にとっては、浴室で衣類乾燥ができるのはうれしい機能といえます。

【涼風(冷風)】
涼風機能も付いているため、浴室内を涼しく保つこともできます。涼風機能の活用によって、とくに夏の暑い時期に、せっかくお風呂に入ったのに汗をかいてしまうようなことを抑制できます。

浴室乾燥機を選ぶ際は入居者ターゲットを意識して

浴室乾燥機を選ぶ際には、ターゲットとしている入居者がどんな機能を使う可能性が高いかを想定してみるとよいでしょう。たとえば、入居者ターゲットがファミリーなら、浴室乾燥機を大量の洗濯物を乾燥させるために利用する可能性が高いかもしれません。浴室乾燥機には、電気式とガス式があるとご説明しましたが、大量の衣類乾燥にはガス式の浴室乾燥機が適しています。

また、単身世帯の少量の衣類乾燥や高齢世帯のヒートショック予防などに浴室乾燥機をエアコン代わりに活用される可能性が高ければ、電気式の方が適しているかもしれません。このように、大家さんが所有している賃貸物件の入居者ターゲットはどんな人なのかを考えた上で浴室乾燥機を選ぶことが重要です

浴室乾燥機の商品をご紹介

浴室乾燥機は、各メーカーがさまざまな商品を販売しています。具体的にどのような商品があるのか、一例を挙げ、その特徴やどんな物件に向いているかをご紹介します。

1. 電気式:三菱電機(V-141BZ)

三菱電機の浴室乾燥機は、スタイリッシュなデザインが特長です。フィルターも簡単に取り外しできるようになっているため、手入れに手間がかからない点も評価されています。この機種は、電気式でコンパクトなため、単身世帯向けであるといえます
メーカー三菱電機
商品名V-141BZ

2. 電気式:TOTO(TYB4012GAS)

TOTO TYB4000シリーズ

この機種は、2室換気(浴室と、脱衣所またはトイレの2室の換気を同時に行う)タイプです。ほかのメーカーでは、1室換気(浴室のみを換気している)タイプにはACモーターが採用されていますが、1室換気にDCモーターを採用しているのはTOTOだけです。省エネ・電気代節約を重視するタイプであるため、単身世帯のほか、ファミリー世帯にも向いています。
メーカーTOTO
商品名TYB4012GAS

3. 電気式:パナソニック(FY-13UG7E)

パナソニックが独自で開発した快適機能を使用できるのが特徴です。パナソニックの代表的な省エネ機能「エコナビ」(温度・湿度センサーが衣類の乾きやすさを自動で判定するなど、)、「カビ菌」「ウイルス」「ニオイ」「アレル物質」など目に見えない小さな不快の原因を抑制する「ナノイー」を搭載した機種もあります。エコやアレル物質抑制などに関心の高いファミリー世帯向けであるといえるでしょう。
メーカーパナソニック
商品名FY-13UG7E

4. ガス式:ノーリツ(BDV-3306AUKNSC-J2-BL)

ノーリツの浴室乾燥機は、ガス式のなかでもリーズナブルなのが特長です。ガス式ならではのミストサウナ機能を持つ機種もあります。パワフルなガス式の乾燥機能を活用したいファミリー世帯向けであるといえます
メーカーノーリツ
商品名BDV-3306AUKNSC-J2-BL

まとめ

本記事でご説明したとおり、賃貸物件の設備として人気の高い浴室乾燥機を大家さんが所有する賃貸物件に導入することで、周辺類似物件との差別化を図ることができれば、空室対策につながる可能性があります。導入検討の際には、コストバランスや周辺類似物件の導入状況のチェックも大切です。複数の工務店などに見積もり依頼をし、費用対効果を確認しながら、慎重に検討を進めてみてはいかがでしょうか。
キムラ ミキ

監修キムラ ミキ

【資格】AFP/社会福祉士/宅地建物取引士/金融広報アドバイザー

日本社会事業大学 社会福祉学部にて福祉行政を学ぶ。
大学在学中にAFP(ファイナンシャルプランナー)、社会福祉士を取得。
大学卒業後、アメリカンファミリー保険会社での保険営業を経て、(マンションデベロッパー)にてマンション営業、マンション営業企画に携わった。
その後、2008年8月より独立し、現在、自社の代表を務める。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。