「見せる」収納で空室対策を!簡単DIY&低予算リフォームで入居率アップ

監修いしわた さとみ

  • 公開日:
  • 2021年04月12日
  • 更新日:
  • 2021年04月12日
「見せる」収納で空室対策を!簡単DIY&低予算リフォームで入居率アップ
退去の理由はさまざまですが、住んでいるうちに荷物が増え、部屋が手狭になってきたことも理由の1つです。収納の少なさが気になってはいるものの、クローゼットを増設するスペースもなく、あまり費用もかけられないとお悩みの大家さんもいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ちょっとしたセルフリフォームなら簡単・低コストで所有物件の収納スペースを増やすことが可能です。この記事では、「見せる」収納で物件の魅力をアップし、空室対策につなげる方法を、具体例を交えてお伝えします。

低予算でできる「見せる」収納リフォーム
賃貸物件の収納不足問題を解決しよう!

リフォームを検討中の大家さんにおすすめ!
リフォームの一括無料見積もりサイト「リショップナビ」なら簡単に相見積もりの依頼が可能です。

<リショップナビの特徴>
★リフォーム専門スタッフとの電話相談で、要望をしっかり聞いてもらえる
★厳選された全国1400社の優良リフォーム会社のなかから最大5社の紹介
★実際に工事を依頼した施主のクチコミ評価や事例をみることができる
★もしもの時に安心なリフォーム保証制度に加入できる

住宅のリフォームは条件や内容で費用が変動し、提案や見積もりもリフォーム会社によってさまざま。どのような会社に依頼すればよいか、価格は適正かを判断するために、複数社からの見積もりを取って比較検討することは有効です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

目次

賃貸住宅で最も不満に思われているのは収納の少なさ

賃貸住宅の悩みといえば、収納が少ないこと。ワンルームマンションの場合、半畳分の収納が1か所だけ、というのはまだよい方で、収納がひとつもない物件も少なくありません。

ひとり暮らしであっても、衣類やバッグ、趣味の道具、予備の布団、買い置きの日用品など、住み始めると荷物はどんどん増えていきます。とくに衣類はシーズンオフのものも含めると案外かさばるため、洋服が収まりきらなかった、タンスを置いたら部屋が狭くなってしまったなど、住み始めてから不自由さを感じる方も多いようです。

一般的に、マンションの収納率は8%以上が理想とされています。たとえば、床面積が約30平米のワンルームマンションで、1畳分のクローゼットが1か所あった場合、収納率は6~7%程度。これでは少し足りないことになります。

収納のプチリフォームで暮らしやすさをアピールして空室対策に

賃貸住宅の場合、収納の充実した物件が限られているため、収納面は妥協して選択している入居者が多いのが現状です。しかし、逆に考えれば”収納が充実している”ことは賃貸物件として大きなアピールポイントにできます。収納率は「収納面積÷床面積×100」で簡単に求めることができますから、所有物件の収納が足りないようであれば、何らかの方法で収納スペースを増やすことを検討してみましょう。ただし、ウォークインクローゼットなどウォークインタイプの収納はデッドスペースや通路になる部分も含まれるため、実際の面積よりも収容力は落ちます。広さだけで判断せず、収納するもの、使い勝手など総合的に判断して収納プランを立てるようにしてください。

効率よく収納スペースを増やす方法として、壁面を利用する方法があります。最近では、突っ張り棒や吸盤を使った壁を傷つけない壁面収納も出回っていますが、そのような簡単なものであっても、インテリアの一部としてあらかじめ設置しておくことで、差別化につながります。

DIY初心者の大家さんでも可能な「見せる収納」なら低予算でできる!

場所をとらず、最小限の予算で収納力をアップするには「見せる収納」が有効です。市販の収納グッズを活用してもよいですし、棚板だけならDIYでも簡単に設置できます。さまざまな事例の中から、所有物件に合った収納スペースを選択してください。

「使う場所に仕舞える」スペースを

大きな収納は場所をとるだけでなく、収納するものによっては使い勝手が悪くなることもあります。その点、場所ごとに細々したものを置くことのできる小さな収納なら、利便性も高く、デッドスペースを有効に活用できます。具体的な方法をいくつか見ていきましょう。

キッチン

対面キッチンの場合、背面収納の上部スペースを利用してオープン棚を設置できます。収納の色に合わせて棚板を選び、棚受け金具にはアイアンのおしゃれなブラケットをチョイスすると、おしゃれな雰囲気に。壁付けより少々難易度は高くなりますが、カフェ風の吊り下げ収納も、ディスプレイ収納として人気があります。

壁付けキッチンの場合は、周囲の壁をキッチンパネルやタイルで仕上げてあるため、釘を打つことができません。そんな時は、木枠をはめ込んで収納棚を設置します。窓がある場合には、窓枠を利用して内側や上部に棚を作るのも一案です。

洗面脱衣室

歯ブラシや身だしなみ用品、タオルといった細々したものが多く、それらをほぼ毎日使用する洗面所では、手の届く範囲にあるオープンな収納ラックが活躍します。また、デッドスペースになりがちな洗濯機の上部も、収納スペースとして活用できます。袖壁があれば、突っ張り棚を渡すだけで立派な収納になるでしょう。袖壁がない場合には、支柱レールを固定して可動棚を設置すると大変便利です。湿気の多い場所なので、通気性のよいオープン収納はカビ防止にも役立ちます。

トイレ

トイレの中にも、予備のトイレットペーパーや掃除用のウェットシート、芳香剤を置いたり、ちょっとした雑貨を飾ったりするスペースが欲しいところです。上部に突っ張り棚を渡すだけなら簡単にできますし、トイレットペーパーホルダーの上に棚板を設置したり、木枠で作った棚を壁に設置したりするだけでも、収納力は大きくアップします。

デッドスペースに棚を設置

収納棚を後付けする際、何もない壁面に棚板を設置するのは意外と難しいです。壁一面を収納にするのであれば問題ありませんが、部分的に棚板を取り付ける際には、全体のバランスやインテリア性まで考慮しなくてはなりません。

比較的簡単なのが、デッドスペースの活用です。先ほどの窓枠や洗濯機の上の空間を利用するのもそのひとつですが、それ以外にも方法はあります。マンションの構造によっては、部屋の隅に柱や梁の出っ張りがあります。家具の配置に困る出っ張りですが、この部分を収納スペースとして活用するのです。柱や梁の出っ張りの間にハンガーポールを掛けて衣類やバッグを提げられるようにしたり、棚板を渡して本棚にしたりすることで、部屋を圧迫することなく収納スペースを増設することが可能です。

ただし、コンクリートの柱や梁に直にクロスが貼られている場合は、ビスを打つことができません。その場合は、ちょっとおしゃれな突っ張り棒や突っ張り棚を活用するとよいでしょう。

長押(なげし)やピクチャーレールを使った簡単壁収納

『長押』(なげし)とは日本建築に見られる板状の部材のことで、鴨居(障子やふすまの上部の横木)の上に部屋をぐるりと囲むように取り付けられたものです。元々は柱を固定する構造材としての役割を担っていましたが、工法や仕様の変化とともに意匠的な位置付けに置かれるようになりました。

やがて、長押にハンガーを掛けたり、フックをぶら下げたりという使い方をする人が増え、洋室にも壁収納として設置されるようになりました。ピクチャーレールなどと同様に、低予算で設置でき、場所を取らず壁面を有効活用できため、収納の少ないワンルームマンションなどでも多く利用されています。

ただし、しっかりと取り付けるためには間柱など下地になるものが必要です。下地の位置は壁を叩いた時の音や下地センサーなどの道具で簡単に判別することができますが、不安な時はリフォーム業者に相談することをおすすめします。

リフォーム業者に頼むならセンスが光る「見せる」収納を

リフォーム業者に依頼して、しっかりとした収納を造り付けるのであれば、利便性だけではなく、インテリア性も考慮した収納プランで付加価値を加えましょう。幅60センチ程度の可動棚付きオープン収納なら、15万円程度から製作できます。

スペースの有効活用になる壁面収納

壁面収納のメリットは、場所をとらずに今あるスペースを有効できることです。造り付けのオープン棚なら本や小物がすっきり収納できますし、ハンガーパイプが内蔵された壁一面の収納なら、かなりの収納力をアップすることができます。利用できる壁面がないかどうか、チェックしてみてください。

壁紙や照明とセットでおしゃれ感を演出

オープン収納をインテリアの一部として見せることで、室内は一気におしゃれな空間に早変わりします。オープン収納の背面だけおしゃれなアクセントクロスを貼ってみたり、棚の上をスポット照明で照らしてみたり、ショーケースのように演出してみてはいかがでしょうか。

「見せる」収納リフォームの注意点

「見せる」収納はコストをかけずに手軽にリフォームできるだけでなく、ディスプレイスペースとしておしゃれに見せることもできます。ただし、インテリア性のある収納に仕上げるためには、いくつかの注意点があります。どのような点に注意して収納を造作すればよいのか、説明していきましょう。

ターゲットを定めて

材質や色味・デザインにこだわった収納を設置する場合、大切なのはターゲット設定です。今の入居者層や立地からターゲットを絞り、テイストを決めていきます。たとえば、男性向けならシックで無機質、あるいはエッジの効いたヴィンテージデザイン。女性向けなら、もう少し優しい雰囲気の北欧風やカフェ風。ターゲットがファミリーなら、シンプルナチュラルや和モダンといったテイストがよいでしょう。

収納家具ひとつでも、テイストによって部屋の雰囲気はガラリと変わります。テイスト選びを間違えるとターゲットに訴求することができず、期待どおりの成果を得ることができないため、ターゲット設定とテイスト選びは慎重に行ってください。

「見せる」「見せない」のメリハリが大切

オープン収納は費用も安く、インテリアにこだわりのある人には喜ばれますが、うまく活用できなければ、かえって空間が雑然としてしまうのがデメリットです。すべてをオープンにするのではなく、部分的に扉を付けて隠す収納とするなど、こだわって「見せる」部分と生活感を出さないための「見せない」部分をうまく使い分けた収納プランで、空間にメリハリをつけるのがおすすめです。

まとめ

収納の少ない物件は入居者から不満を持たれやすく、退去や空室の原因となってしまうこともあります。この記事では、低予算で設置できる「見せる」収納についてご説明しました。効果的な設置場所やデッドスペース活用、場所を選ばず設置できるものなど、「見せる」収納にもいろいろあります。空室対策のためのリフォームとしては、比較的手軽に実行できるのではないでしょうか。「見せる」収納のメリット・デメリットも踏まえ、ターゲットにより効果的に訴求するための収納プランを検討してみてください。

低予算でできる「見せる」収納リフォーム
賃貸物件の収納不足問題を解決しよう!

リフォームを検討中の大家さんにおすすめ!
リフォームの一括無料見積もりサイト「リショップナビ」なら簡単に相見積もりの依頼が可能です。

<リショップナビの特徴>
★リフォーム専門スタッフとの電話相談で、要望をしっかり聞いてもらえる
★厳選された全国1400社の優良リフォーム会社のなかから最大5社の紹介
★実際に工事を依頼した施主のクチコミ評価や事例をみることができる
★もしもの時に安心なリフォーム保証制度に加入できる

住宅のリフォームは条件や内容で費用が変動し、提案や見積もりもリフォーム会社によってさまざま。どのような会社に依頼すればよいか、価格は適正かを判断するために、複数社からの見積もりを取って比較検討することは有効です。
リフォーム一括無料見積もりはこちら

※リショップナビページへ遷移します

いしわた さとみ

監修いしわた さとみ

【資格】宅地建物取引士/2級建築士/既存住宅状況調査技術者/ホームステージャー

建築設計事務所、不動産会社、建設会社等での勤務を経て、現在は不動産・住宅・建設ライター、住宅営業、建設CADオペレーターとして活動。実家は建築屋。主婦で3児の母。

●紹介されている情報は執筆当時のものであり、掲載後の法改正などにより内容が変更される場合があります。情報の正確性・最新性・完全性についてはご自身でご確認ください。
●また、具体的なご相談事項については、各種の専門家(税理士、司法書士、弁護士等)や関係当局に個別にお問合わせください。