業務効率化・空室対策にもつながる入居者管理アプリの特徴と注意点

監修吉田 成志

  • 公開日:
  • 2020年09月11日
  • 更新日:
  • 2020年09月11日
業務効率化・空室対策にもつながる入居者管理アプリの特徴と注意点
賃貸経営でさまざまな業務に追われ、日々忙しい大家さんにとって「入居者管理アプリ」は非常に心強い味方となってくれます。とくに最近マンションを相続して賃貸経営を始める予定があるというような、比較的若い大家さんや初心者大家さんにおすすめです。この記事では具体的に、賃貸管理業務の効率化や、空室対策にもつながる入居者管理アプリの特徴や注意点について詳しく解説していきます。

大家さん・入居者・管理会社をつなぐアプリ
多忙な賃貸経営の頼れる助っ人的存在に

賃貸経営のお悩みはプロに相談!
プラン提案を受けてみませんか?

無料
  • STEP1都道府県を選択

  • STEP2市区町村を選択

  • STEP3物件種別を選択

無料で相談してみる

70社以上の有力管理会社が大家さんのお悩み解決をサポート

  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ

※ページ下部の「賃貸経営一括相談サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

目次

賃貸経営に活かせるお役立ちアプリが増えています

大家さんが賃貸経営においてこなさなければならない業務は、空室対策・入退去の手続き、建物や設備などのハード面での維持管理、防犯対策など、多岐にわたります。そのうえ管理を委託している場合は、管理会社と連携して、情報をうまく共有しながら賃貸経営を進めていかなければなりません。これらすべてを大家さんが一人でこなすのはかなり骨が折れますが、近年は賃貸経営における労力を軽減させてくれる画期的なアプリが登場しています。

賃貸経営に役立つアプリには、お金の管理や新しい投資用物件を探すためのアプリなどさまざまなものがありますが、今回とくに取り上げたいのは「入居者管理アプリ」です。このアプリを利用することで、入居者や管理会社との連絡などの業務を効率化させられますし、入居者の募集や入退去の手続きに利用できるものもあります。建物の修繕や清掃の管理に便利なアプリや、家賃の決済・管理などができるお役立ちアプリも登場していますので、ぜひこの機にいろいろな入居者管理アプリの導入を検討してみましょう。

【トレンド】IoTを用いた賃貸経営

インターネットやスマートフォンの発達・浸透により、私たちの生活はとても便利になりました。ここでいうテクノロジーは「IoT(Internet of Things)」と呼ばれており、IoTの導入によって。不動産業界もさまざまな恩恵を受けています。

とくに不動産仲介会社や管理会社と、電話・FAXで細かく相談する時間や、現地に行って確認する手間などをうまく効率化できるという点では、IoTの導入は賃貸経営においてもトレンドとなりつつあります。近年の賃貸経営のトレンドやIoTについては別記事にまとめてありますので、ぜひこちらもご一読ください。

入居者管理アプリとは

入居者管理アプリは、主に管理会社(自主管理の大家さんも含む)と入居者とのコミュニケーションを円滑にするツールで、賃貸管理アプリとも呼ばれています。賃貸経営に役立つアプリの中には、入居者の募集や投資用に購入する物件を探す時に便利なアプリなどたくさんの種類がありますが、今回はそのなかでも「空室対策にもつながる」と言える入居者管理アプリについて紹介していきます。

入退去の手続きや管理会社・入居者とのさまざまな連絡などが円滑にでき、大家さんの負担が軽くなるだけでなく、スムーズな管理で入居者の満足度が高まるというのが入居者管理アプリの大きなメリットです。ただし、導入時のイニシャルコストや、入居者にしっかり説明してインストールを促す手間など、デメリットもあります。

特徴

入居者管理アプリを利用すれば、管理会社や入居者との連絡作業や事務手続きなど、幅広く賃貸管理にかかる業務効率を向上させられます。

たとえば入退去や契約更新などの事務的な作業や相談のやりとりをはじめ、設備点検に係る断水や入室作業の連絡などを複数の入居者に一斉送信したり、逆に入居者からのトラブルに関する相談などを受け付けたりすることもできます。

建物や設備が破損・故障した際にも、写真や動画をアップロードして共有できるアプリであれば、大家さんや管理会社が現地に駆け付けて確認するよりも素早く対策がとりやすくなります。しかも、普段からインターネットやスマートフォンのアプリを使っている大家さんや入居者であれば、特別難しい操作を覚える必要もなく、スムーズに利用できるアプリばかりです。

つまり、入居者管理アプリの導入によって、大家さんが負担する賃貸経営の労力や手間を大幅にカットできます。もちろん、入居者にとってもいろいろな手続きが楽になりますし、「大家さんや管理会社にすぐに相談しやすい物件である」という付加価値がつけられるのも、賃貸経営において大きなメリットとなるでしょう。

注意点

入居者管理アプリを利用する場合、主にスマホを介していろいろなやりとりをすることになります。そのため、スマホの紛失・盗難による悪用、利用方法や環境によっては、個人情報の流失といったトラブルが起こる恐れもあるため注意が必要です。

また、「スマホを利用したくない」や「アプリをインストールしたくない」という入居者がいた場合には、アプリでの入居者管理が不可能となってしまいます。管理会社にもしっかりと事前相談したうえで、同じアプリやシステムを利用してもらわなければ円滑な管理は難しいでしょう。

既存の入居者がいる物件でしたら、入居者全員にアプリのインストールを周知することにも手間がかかります。入居者を新規募集する場合には、募集時点から入居者にアプリの利用をしっかり理解してもらう必要があります。このほか、導入にあたってはシステムやアプリによって、まとまった費用が必要になる場合がある点にも注意しましょう。

入居者管理アプリが空室対策につながる理由

入居者管理アプリが空室対策につながる理由は、大きく分けて以下の3つです。ほかの競合物件に比べて付加価値がつき、競合との差別化によって空室対策になる根拠でもあるため、重要なポイントです。

若い入居者へのアピールになる

入居者管理アプリの導入によって、「大家さんが新しい取り組みに対して積極的である」とアピールできます。従来の仕組みに縛られず、良いと思えることは取り入れ、また積極的に入居者を管理していこうという意志の表れだと解釈されるでしょう。

また、若い世代はスマホを使ってのコミュニケーションに慣れ親しんでいるので、夜型のライフスタイルでも利用できるアプリなどは歓迎される傾向にあります。そのため、入居者管理アプリを利用している大家さんや賃貸物件には、それだけで若い入居者から一定の支持が集まる可能性があるでしょう。

長期入居の促進につながる

入居者の長期入居を促進する場合にも、入居者管理アプリは有効です。大家さんや管理会社と入居者との間に円滑なコミュニケーションツールがあれば、安心感や親近感が芽生えやすくなり、入居者の快適な生活につながるでしょう。

安心で快適な生活は、長期入居を促進するカギです。トラブルなどがあっても、すぐに入居者から大家さんや管理会社に相談できるのは心強いものですし、そのトラブルをアプリのおかげで迅速に解決できるケースも珍しくありません。

管理会社との連携がスムーズになる

管理会社と大家さんは、賃貸経営において二人三脚で走り続けてなくてはならない大切なパートナーです。大家さんとの連絡手段が電話・FAXなどがメインの管理会社もありますが、やはりアプリも併用して円滑に連携できる方が入居者にとっても有益です。

賃貸経営に必要な情報の共有や、入退去・契約更新などの手続きも、入居者管理アプリによってスムーズに済ませられます。そのほか、アプリを利用して建物や設備の修繕履歴などを管理しやすい状態にしておくのも、円滑な賃貸経営を進めるうえで大変有用です。大家さんがほかの仕事をしている場合などには、入居者管理アプリを利用した効率的な管理は力強い味方となってくれるでしょう。

もしも今、管理会社とスムーズな連携がとれていない状況で、入居者管理アプリの利用を相談しても真摯に対応してもらえないとしたら、空室対策のために管理会社の見直しを検討してみることもおすすめします。

まとめ

入居者管理アプリは賃貸経営に非常に便利なツールです。大家さん自身はもちろん、入居者にも大きなメリットがあるので、積極的に導入を検討してみてはいかがでしょうか。入居者満足度の向上に貢献できますし、空室対策の1つとして高い効果を発揮する可能性があります。

ただし、入居者管理アプリの導入にはまとまった費用が必要になる場合もあるので、まず、アプリを利用できるかどうかを管理会社によく確認しましょう。

また、入居者管理アプリの種類や機能もさまざまなので、複数のアプリを比較検討することをおすすめします。その際にはインターネットで調べるばかりでなく、必要に応じて、管理会社にもアプリの種類や内容について相談してみるなど幅広い観点から、ご自身の物件にとってベストな入居者管理アプリを探してみてください。

大家さん・入居者・管理会社をつなぐアプリ
多忙な賃貸経営の頼れる助っ人的存在に

賃貸経営のお悩みはプロに相談!
プラン提案を受けてみませんか?

無料
  • STEP1都道府県を選択

  • STEP2市区町村を選択

  • STEP3物件種別を選択

無料で相談してみる

70社以上の有力管理会社が大家さんのお悩み解決をサポート

  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ
  • 掲載企業ロゴ

※ページ下部の「賃貸経営一括相談サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。

吉田 成志

監修吉田 成志

【資格】宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー/マンション管理士/消防設備士

専任の宅建士として不動産仲介会社に従事した後、マンション管理士・消防設備士として独立。宅建士をはじめとした幅広い知識や経験を生かし、不動産売買や賃貸時に気になる疑問点の相談なども担当している。

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容です。法律改正等により内容に変更がある場合もございます。

賃貸経営一括相談サービスの注意点

賃貸経営一括相談サービスについて

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(賃貸経営一括相談サービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含むお客様のデータは、全て株式会社NTTデータ スマートソーシングが取得し、同社から同社業務提携先である管理会社に提供されます。

個人情報の取り扱いについて

  • 賃貸経営一括相談の可能な企業数は、物件の種別や所在地によっては異なります。
  • お客様の物件によっては、一括相談ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 賃貸経営一括相談サービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • プラン提供について、株式会社NTTデータ スマートソーシングの提携先各管理会社から直接連絡をいたします。
  • 相談後の管理会社選定について、株式会社カカクコムおよび株式会社NTTデータ スマートソーシングは関与いたしません。
  • 賃貸経営一括相談サービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください
  • 賃貸経営一括相談サービスについてご不明な点がございましたら「HOME4U サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。